, コンテンツにスキップする

米金融当局、先手打つ金融政策の引き締めは回避必要-SF連銀総裁

サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は2日、前回の景気回復局面では失業率が非常に低い水準だったにもかかわらずインフレ率は低く抑えられていたとし、米金融当局が新たな金融政策戦略を実施するには忍耐が必要になるとの見方を示した。

  同総裁はニューヨーク経済クラブが主催したオンラインイベントで講演。「われわれは労働市場が達成し得ることを継続的に見直し、多くの国民が恩恵を受ける機会を手にする前に先手を打って金融政策を引き締めるのは回避する必要がある」と述べた。

  さらに、労働者の交渉力低下や商品の競争激化、極めて弾力性の高い労働力が、インフレ率と失業率の関係を示すフィリップス曲線の平坦化を招いていると指摘。こうした要因は今後数年は続く公算が大きいとした。

  また、新型コロナウイルス感染の影響を受けやすいセクターが、引き続き物価の重しになっているとも述べた。

  デーリー総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

原題:
Daly Says Fed Needs ‘Patience’ as Economy Recovers From Covid-19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE