, コンテンツにスキップする

ゴールドマンの法務担当役員シーモア氏が退社へ-幹部流出続く

  • 検事時代にマーサ・スチュワート氏の有罪判決勝ち取る
  • 後任はオバマ政権で大統領法律顧問を務めたルームラー氏

ゴールドマン・サックス・グループのゼネラルカウンセル(法務担当役員)、カレン・シーモア氏が同社を退社する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。シーモア氏はゴールドマン入社前に検事としてマーサ・スチュワート氏のインサイダー取引事件を担当し、同氏の有罪判決を勝ち取ったことで知られる。

  ゴールドマンが絡んだマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の資金不正流用問題の決着で、シーモア氏は重要な役割を果たした。ゴールドマンは事業への大きなダメージを回避するため、この刑事捜査の決着で50億ドル(約5300億円)の支払いに同意した。

ゴールドマン、1MDB問題決着の支払額が世界で50億ドル超える

relates to ゴールドマンの法務担当役員シーモア氏が退社へ-幹部流出続く

カレン・シーモア氏(2004年)

Rick Maiman/Bloomberg News

  後任にはオバマ元政権で大統領法律顧問を務めたキャシー・ルームラー氏が就任する。情報の非公開を理由に関係者が匿名で明らかにした。同氏は現在、ゴールドマンで政府省庁とのやり取りを担当する規制関連業務の責任者を務めている。

Meet the Press - Season 67

キャシー・ルームラー氏

写真:William B. Plowman / NBC / NBC Newswire / NBCUniversal / Getty Images

  ゴールドマンの担当者はコメントを控えた。

  同社の経営委員会を去るのはこの2日間で2人目。同社は1日、資産運用事業の共同責任者を務めてきたエリック・レーン氏が退社すると発表。レーン氏はチェース・コールマン氏率いるヘッジファンド運用会社、タイガー・グローバル・マネジメントに移籍する。また、コンシューマーバンキングを率いるオマール・イスマイル氏が小売り大手ウォルマートに移籍すると、関係者が週末に明らかにした。

ゴールドマン資産運用トップ、就任半年足らずで退社-ファンドに移籍

「ウォルマート銀行」誕生に一歩近づく、ゴールドマンから2人採用

  シーモア氏は昨年10月、ゴールドマンでのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)問題の隠蔽(いんぺい)を図ったとして元部下に提訴された。同社は当時、訴えには全く根拠がないとコメントしている。

ゴールドマン法務顧問らを提訴-セクハラ問題隠蔽と部下が主張

原題:
Goldman’s Chief Lawyer Departs With Senior Exits Growing at Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE