, コンテンツにスキップする

アポロ、市場の混乱に虎視眈々-インフレに「より楽観的」と副CIO

  • アポロ、クレジット旗艦ディスロケーションファンドで23億ドル調達
  • コモディティーや金融、航空などに好機生じる可能性-ジト氏

オルタナティブ投資のアポロ・グローバル・マネジメントは、インフレに起因するボラティリティーに備えている。価格と実体にかい離が生じたクレジット資産を取得するチャンスを狙っていると、アポロ・クレジットの副最高投資責任者(CIO)、ジョン・ジト氏が語った。

  ジト氏はブルームバーグとのインタビューで、「全てのインフレシグナルが上昇しているが、恐らく長くは続かないだろう。世界の動向やインフレに関して、われわれはより楽観的だ」と発言。「問題は、インフレがボラティリティーを高めるかどうかだ」と続けた。

Inflation expectations over 5, 10 and 30 years have jumped over the past year

5年と10年、30年のブレークイーブン・レート

出所:ブルームバーグ

  インフレ上昇で市場が動揺する場合に備え、アポロはクレジットの旗艦ディスロケーションファンド「アコード・ファンド4」を用意した。約23億4000万ドル(約2500億円)の出資約束を確保し2月に締め切った同ファンドは、新型コロナウイルスの感染拡大で市場が混乱した昨年前半のようにボラティリティーが上昇した局面で、質の高いクレジットを買い集める狙い。新ファンドはすでに4件の投資を行ったとジト氏は明らかにしつつ、具体的な言及は控えた。

  ジト氏は昨年と同程度に幅広い売り浴びせが今年あるとはみていないが、規模が小さく限定的な好機はあるかもしれない。インフレ懸念で木材などのコモディティー価格が乱高下し、金融などの業界や新型コロナの打撃が大きい航空などの事業に混乱が生じる可能性があると、同氏は語った。

U.S. consumer price index shows little sign of runaway gains

  アポロは1990年から2012年までに生じた市場の変調を調査した結果、かい離の期間は平均6カ月続くと結論。5年前にこの戦略を開始した。最近はこの期間が短くなり、45日間が一般的だと、ジト氏は指摘した。

原題:
Apollo’s Zito Is ‘More Sanguine’ on Inflation, Ready to Pounce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE