, コンテンツにスキップする

ドイツ失業者数、2月は8カ月ぶりに増加-長引く制限措置が影響

  • 2月の失業者数は9000人増加、市場予想は1万人の減少
  • 制限措置を延長する可能性、メルケル首相は3日に各州トップと協議

ドイツの失業者数は市場予想に反して、8カ月ぶりに増加した。新型コロナウイルス対策で導入されたロックダウン(都市封鎖)措置が長引き、経済を圧迫していることが示された。

  ドイツ連邦雇用庁が2日発表した2月の失業者数は、前月から9000人増加して275万人。失業率は6%で変わらず。ブルームバーグが調査したエコノミストの予想は1万人の減少だった。

  失業者の増加は、政府の雇用維持支援策によって抑制されている。Ifo経済研究所の最新推計値によると、1月は200万人以上に政府の一時帰休労働者向けの支援策が利用されていた。これ以降、利用者の数は増加したとみられている。

  ドイツは昨年11月半ばからロックダウンが続く。大半の小売店や飲食店、バー、ジム、文化施設などが感染拡大を抑制するために閉鎖されている。メルケル首相は3日に今後の措置について各州のトップらと協議する。ブルームバーグが確認した草案によると、一部の制限について部分的な緩和を認めるものの、制限措置の大半を今月28日まで延長することで両者は合意する見通し。

原題:German Unemployment Unexpectedly Rises as Lockdown PersistsGermany to Broadly Extend Lockdown to March 28, Draft Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE