, コンテンツにスキップする

中国ハイテク企業に追い風、香港ハンセン指数の大幅見直し

  • 美団と小米、ハンセン指数の大幅見直し発表後に上昇
  • 金融・銀行セクターは指数変更で重要性大幅低下へ-サクソ

小米や美団などの中国テクノロジー企業の株価が2日の香港市場で上昇。香港株の指標ハンセン指数の過去最大級の刷新で恩恵に浴すると受け止められた。

  ハンセン指数を算出する恒生指数有限公司(HSI)の1日の発表によると、今回の大幅見直しでは、構成銘柄を80社に増やすほか、単一銘柄の比重の上限を8%に制限する。

香港ハンセン指数に大幅な変更、構成銘柄は52社から80社に増加へ

  美団は2日に一時5.8%高。小米は4.7%上昇した。他市場に重複上場したり、議決権の異なる種類株を発行していたりするこうした企業は今後、5%の比重制限を受けなくなる。

  今回の刷新では、上場から指数組み入れまでの期間要件が短縮される。新規上場銘柄が指数採用までに必要とされる期間は、企業の規模にかかわらず上場後3カ月だけになる。変更は早ければ5月の指数見直しから始まり、2022年半ばまで続く見通し。

勝ち組

  2日に上昇したのは快手科技(一時8.4%高)やネットイース(網易、同3.2%高)、JDドットコム(京東、同3.7%高)など。アリババグループも重複上場や種類株発行に該当する企業だが、株価は一時1.5%下落した。

負け組

  CGS-CIMBセキュリティーズ・インターナショナルと光大新鴻基によると、単一銘柄の比重の新たな制限を受け、現在それを上回るウエートの銘柄はパッシブファンドからの売り圧力に直面する可能性がある。現在9.75%のウエートのAIAグループ(友邦保険)は一時2.9%下落した。

  サクソ・キャピタル・マーケッツのシニア市場アナリスト、エディソン・パン氏は「最大の負け組は恐らく金融や銀行セクターだろう。現在のハンセン指数で最も比重が大きい銘柄群だ」と指摘。「調整によって金融・銀行セクターの重要性は大幅に下がる」と付け加えた。

原題:
Chinese Tech Firms Among Beneficiaries of Hang Seng Index Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE