, コンテンツにスキップする

印リライアンス、デジタル決済参入でFBやグーグルと連携-関係者

  • インド中銀に免許申請を計画-インフィビームとも協力
  • 印デジタル決済市場、23年までに1兆ドル規模に-クレディ・スイス

時価総額でインド最大の企業リライアンス・インダストリーズフェイスブックグーグルなどと共に、国内デジタル決済事業への参入を探っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  アジア一の富豪ムケシュ・アンバニ氏率いるリライアンスはインド準備銀行(中央銀行)に免許申請を行うため、同社に投資している米国の2社に加え、インドのテクノロジーサービス企業インフィビーム・アベニューズとも連携している。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。これら企業から成るコンソーシアムは現在、計画の詳細を練っているところだという。

  リライアンスの広報担当者はコメントしなかった。インフィビームの担当者は「秘密保持契約」を理由にコメントを控えた。グーグルとフェイスブックの担当者に電子メールを送付したが、今のところ返答はない。

  リライアンスのコンソーシアムについてはインド紙エコノミック・タイムズが先に報じていた。同紙はインドのタタ・グループを中心とするコンソーシアムや米アマゾン・ドット・コムが主導する別のコンソーシアムなども参入を図っているとも伝えた。

  クレディ・スイス・グループによると、インドのデジタル決済市場は2023年までに1兆ドル(約107兆円)規模に達すると見込まれている。

原題:Ambani to Partner Google to Seek India Payments Business License(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE