, コンテンツにスキップする

ソフバンクG出資のマップボックス、新CEOは自動車メーカーに照準

ソフトバンクグループが出資する米マップボックスは、ピーター・シロタ氏を新最高経営責任者(CEO)に指名した。インスタカートやスナップなどに地図情報ツールを提供する同社で、シロタ氏は自動車メーカーや物流会社への販売拡大に注力する方針だ。

  シロタ氏はアマゾン・ドット・コムのクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス (AWS)」の元幹部で、3年前にマップボックスに入社。2010年の創業から同社に在籍するエリック・ガンダーセン氏の後任となる。ガンダーセン氏は最高戦略責任者(CSO)兼取締役会会長に就任する。

  マップボックスはカーナビシステムで中心的地位を築くことを目指し、アルファベット傘下のグーグル・マップスを追撃している。昨年は独BMWグループとカーナビを巡る契約を結んだ。今年はさらに複数の自動車メーカーとの契約発表を目指していると、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

関連記事

原題:
SoftBank-Backed Mapbox Names CEO Seeking In-Roads With Carmakers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE