, コンテンツにスキップする

ECB、不当な利回り上昇への「対応は可能で必要」-仏中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)は正当な理由のない債券利回りの上昇には対応しなければならないと、ECB政策委員会メンバーでフランス銀行(中銀)のビルロワドガロー総裁が語った。まずはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を活用し、好ましい金融環境を保つため利下げも排除されないと明確にすべきだと論じた。

  ECBはPEPPの買い入れペースが先週減速したことを明らかにした。この発表後、ビルロワドガロー氏は会合で「今回の金融環境のタイト化には、タームプレミアムを巡る緊張など別の要素もある。このようなタイト化が正当なものでない限り、われわれはそれに対応が可能で、対応する必要がある。まずはPEPPの購入を柔軟に活用することからだ」と述べた。

  同氏はまた、ECBはフォワードガイダンスでインフレ率が一時的に2%を上回ることも容認すると明示することもできると指摘。最近の消費者物価統計でインフレ期待が上向く兆しが見られたのは朗報だとしつつ、「インフレ軌道に持続的かつ重大な変化が生じたのではなく、主に一時的な要因を反映している」ため、大騒ぎするべきではないとの認識を示した。

  ECBは必要な限り緩和的な政策を維持し、利下げの可能性も含め全ての手段を調整する用意があるとも語った。

原題:
Villeroy: ECB ‘Can and Must React’ to Any Undue Tightening(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE