, コンテンツにスキップする

FRBはツイストオペ復活を、「一石三鳥」になる公算大-BofA

米金融当局は市場の機能に関する主要な問題に効果的に対応するため、期間が短めの米国債を売却し、同時に長めの債券を購入するオペレーションツイスト(ツイストオペ)を復活させるべきだと、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジスト、マーク・カバナ、オリビア・リマ氏らが指摘した。

  ツイストオペは「一石三鳥だ。短期の金利を押し上げ、長期の金利を安定化させ、それらを準備金に中立的な方法で行うため銀行に対する補完的レバレッジ比率(SLR)規制に基づく資本増強圧力は低下する」とストラテジストらはリポートで説明。

  「米金融当局は米短期および長期金利両方のカーブに対する制御を、それぞれ異なる理由で同時に失いつつある」と指摘。過度に少ない担保を追い求める現金が過剰にあることから、米短期金利はマイナス圏に「危険なほど近い」と解説した。長期金利については、ここ最近の数営業日に「顕著なボラティリティー」などに見舞われたとした。

原題:
Fed Twist Could Kill ‘Three Birds With One Stone,’ BofA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE