, コンテンツにスキップする

マカオのカジノ収入、2月は1年5カ月ぶり増加-15日間休業の反動

  • コロナ禍でカジノ客の訪問は依然困難-緩慢な回復続く
  • 2月のカジノ収入は前年同月比136%増の73億パタカ-予想145%増

マカオのカジノ収入は2月に1年5カ月ぶりの増加となった。昨年2月は新型コロナウイルス感染が世界的に拡大し始める中で、カジノ施設が15日間の休業を余儀なくされていた。コロナ禍でカジノ客の訪問は依然として難しく、緩慢な回復が続いている。

  カジノ監察協調局が1日発表したデータによると、2月のカジノ総収入は前年同月比136%増の73億パタカ(約970億円)。アナリスト予想中央値は145%増だった。前月からは8.9%減った。

原題:
Macau Gaming Revenue Rises for First Time in 17 Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE