, コンテンツにスキップする
Photographer: Carla Gottgens/Bloomberg
cojp

オーストラリア中銀、利回り水準防衛強化-市場はFRBにも注目

更新日時
  • 豪中銀、40億豪ドル相当の5-7年債購入発表-通常の倍の規模
  • 10年豪州債利回り、一時32bp低下-3年債利回りも許容範囲内に

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は1日、国債利回り水準の防衛を強化し、利回りの大幅低下に成功した。リフレトレードの暴走抑制が世界の中銀の課題になっている。

  豪中銀はこの日、通常の倍の規模となる40億豪ドル(約3300億円)の5-7年債を購入すると発表。これを受けて10年物豪州債の利回りが一時32ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)し、1.6%まで下げた。先週は3年物国債を予定外のオペで購入。3年債利回りも1日、一時0.11%に低下し中銀の許容範囲に戻った。

アジアと欧州の中銀、債券市場鎮静化に動く-米独豪で国債利回り低下  

  豪中銀は2日、金融政策を発表する。政策金利と3年物国債利回り目標を0.1%に据え置き1000億豪ドルの量的緩和(QE)規模を維持すると見込まれているが、ロイヤル・バンク・オブ・カナダの豪州経済・金利戦略責任者スーリン・オン氏は「市場は債券市場の極端なボラティリティーに対する断固とした対応を期待している」と指摘。「最低でも、向こう数週間のイールドカーブコントロール強化が予想される。場合によっては、さらなる予定外の購入もあり得るだろう」との見方を示した。

  市場はまた、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長ら、主要な金融当局者からの発言を注視している。スタンダードチャータード銀行のチーフストラテジスト、エリック・ロバートセン氏は、利回り上昇を懸念していないと発言するのは「市場を挑発するようなものだとFRBは気付くかもしれない」と述べた。景気回復を望む世界の主要中銀は「低金利への依存をますます強めている」とも指摘した。

  パウエル議長は4日、今月16、17両日の連邦公開市場委員会(FOMC)前の公の場としては最後となる見込みの講演を行う。

The Australian benchmark yield fell the most in a year

原題:RBA Doubles Down in Defense of Yields Amid Global Bond ReboundAustralian Yields Tumble Most in a Year as Global Bonds Rebound、Australia’s Bonds Surge After RBA Doubles Normal QE Purchases、RBA to Buy A$4 Billion of Longer-Dated Bonds, Double Usual Size (抜粋)

原題:
Australian Yields Tumble Most in a Year as Global Bonds Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE