, コンテンツにスキップする

日銀は長期金利変動幅0.2%を重視、点検前も過度な上昇抑制-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

日本銀行は長期金利誘導目標のゼロ%から上下0.2%程度の変動許容幅を引き続き重視しており、3月の「政策点検」前の期間でも0.2%に達する前に国債買い入れオペを行って抑制に動く可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が語った。

  関係者によると、長期金利の水準以外にも変動のスピードや理由などさまざまな要因が考慮されるため、金利上昇抑制に動く具体的な水準は決めていない。オペ増額や臨時オペのほか、固定金利で国債を無制限に買い入れる指し値オペといった手段がある。日銀はイールドカーブコントロール(YCC、長短金利操作)政策の下で、金利を低く抑えたい考えだ。  

  市場では、日銀が点検で変動許容幅を拡大するとの観測があり、長期金利上昇を静観するとの見方が出ていた。

  日本の長期金利は、米国の金利上昇に連動する形で水準を切り上げており、2月26日には一時0.175%とマイナス金利政策の導入が決定された2016年1月以来の高水準を付けた。黒田東彦総裁は同日の衆院財務金融委員会で「イールドカーブ全体を低位で安定させることが大事になっており、何かゼロ%程度を上げていこうということではない」と語っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE