, コンテンツにスキップする

JPモルガンとBofA、シティがワクチン有給休暇付与-半休2回も

  • JPモルガンはワクチン接種のために8時間の有給休暇を認める
  • BofAの行員は1回最大4時間の半休を2回取ることができる

米銀JPモルガン・チェースバンク・オブ・アメリカ(BofA)、シティグループは新型コロナウイルスワクチン接種を受ける行員らに有給休暇を付与する。

  JPモルガンは2月26日、ワクチン接種のために8時間の有給休暇を認めると発表した。JPモルガンの従業員数は約 25万5000人。

  BofAの行員は1回最大4時間の半休を2回取ることができる。26日の行員向け文書をブルームバーグが確認した。年内の接種に関するこの方針は、現在必要とされている2回接種に対応している。

  BofAの文書は「コロナウイルスの影響に対処し、身体、精神、経済面で行員をサポートする」取り組みの一環だと説明。広報担当者は文書の内容を確認した。

  シティグループは電子メールで、「行員が接種を受ける障害を取り除くことに注力する。接種場所への移動を含め必要な時間の有給休暇を付与する」と説明した。

原題:
JPMorgan, BofA Give Paid Time Off for U.S. Staff to Get Vaccine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE