, コンテンツにスキップする

米証券取引委、15銘柄取引停止-ソーシャルメディアで株価操作の疑義

米証券取引委員会(SEC)は26日の声明で、15銘柄の取引を一時停止したと発表した。株価操作の疑義を理由に挙げた。規制当局はネット掲示板などソーシャルメディアの投稿が個人投資家の買いを促したものの先行きが疑問視される銘柄を急いで取引停止しており、「もぐらたたき」ゲームのような様相を示している。

  1株当たり1ドル未満で取引されるいわゆる「ペニー株」の1つで、グリーンエナジーを手掛けるブルー・スフィアも取引停止とされた。同銘柄は掲示板への投稿が相次いだ後に株価が急伸したとブルームバーグ・ニュースが伝えていた

取引が一時停止された銘柄:
ブルー・スフィア
ベビーダ・ビバレッジ
イーハウス・グローバル
イーベンチャー・インタラクティブ
アイズ・オン・ザ・ゴー
グリーン・エナジー・エンタプライゼス
ヘリックス・ウィンド
インターナショナル・パワー・グループ
マラニ・ブランズ
メディアテクニクス
ネット・トーク・ドット・コム
パターン・エナジー・ソリューションズ・グループ
PTAホールディングス
ユニバーサル・アパレル&テキスタイル
ウィズダム・ホームズ・オブ・アメリカ

原題:
SEC Suspends Trading in 15 Stocks That Got Hyped on Social Media(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE