, コンテンツにスキップする

【米国市況】ハイテク株持ち直し、10年債利回り1.5%下回り安定回復

26日の米株式市場ではテクノロジー株が小幅に持ち直した。世界的に債券売りが落ち着く中、米10年債利回りは1.5%を割り込んだ。

  • 米国株はナスダックが反発-S&P500とダウ平均は続落
  • 米国債は上昇、10年債利回り1.41%
  • ドル指数は上昇、円とフランも堅調-1ドル=106円半ば
  • NY原油は大幅反落、ドル上昇やインフレの影響波及懸念
  • 金スポット続落、月間ベースで16年11月以来の大幅安

  マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムの上昇に支えられ、ナスダック100指数は約0.6%高。一方、エネルギー関連銘柄や銀行が大きく売られ、ダウ工業株30種平均の重しになった。

  S&P500種株価指数は前日比0.5%安の3811.15。ダウ平均は469.64ドル(1.5%)安い30932.37ドル。ナスダック総合指数は0.6%上昇した。

  米国債相場はニューヨーク時間午後4時38分現在、10年債利回りが11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.41%。アジアと欧州の中央銀行が市場混乱の鎮静化に動いたことから、債券相場は世界的に安定を取り戻した。

  パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は今週の議会証言で、米国債利回り上昇は成長見通しに対する楽観の表れだとの認識を示した。米金融当局者らは労働市場の弱さが続いていることを踏まえ、政策を引き締める計画はないと強調している。

  ミラー・タバクのチーフ市場ストラテジスト、マット・メイリー氏は「金利が高いと、投資家がここ数年喜んで受け入れてきたような高いバリュエーションを容認しなくなるという状況が生じる」と指摘。「パウエル議長の今週の発言は景気にとって強気なものだったが、株式市場にとってはとりわけ強気なものではなかった」と述べた。

Treasury volatility jumps to the highest since April as yields surge

  外国為替市場ではドルが主要10通貨に対して全面高。ドル指数は週間ベースで昨年10月以来の大幅上昇。米国債利回りが1年ぶり高水準付近で推移していることが背景にある。逃避先通貨が買われ、スイス・フランと円も資源国通貨に対して上昇した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%上昇。ニューヨーク時間午後4時39分現在、ドルは対円で0.3%高い1ドル=106円55銭。ユーロは対ドルで0.9%安の1.2069ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は大幅反落。ドルが上昇し、ドル建て商品の投資妙味が後退した。このところのインフレ加速で緩和的な金融政策が巻き戻されれば、商品市場に波及するとの懸念も重しとなった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は2.03ドル(3.2%)安の1バレル=61.50ドルで終了。ただ月間ベースでは、世界的な在庫減少や需要回復進展を背景に18%高となった。ロンドンICEの北海ブレント4月限は75セント安の66.13ドル。

  金スポット相場は続落し、ニューヨーク時間午後3時44分現在では前日比2.2%安。月間ベースでも下げ、2016年11月以来の大幅安となった。今月の相場にはドル上昇と、景気改善見通しを受けた逃避需要の後退が影響した。26日発表された1月の米個人所得は前月比10%増となった。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、2.6%安の1オンス=1728.80ドルで終了。

原題:U.S. Tech Stocks Rebound as Global Bond Rout Eases: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Set for Best Week Since Oct. on Yield Spike: Inside G-10(抜粋)

Oil Falls With Stronger Dollar Denting Best Start to Year Ever(抜粋)

Gold Rout Deepens With Metal Set for Worst Month in Four Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE