, コンテンツにスキップする

G20、IMFの準備拡大で合意へ前進-コロナ禍の貧困国支援てこ入れ

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で打撃を受けた貧困国を支援に向けた国際通貨基金(IMF)の準備資産を積み増すことで合意がまとまりつつある。協議に詳しい当局者らが明らかにした。G20会合は26日から、バーチャル形式で開かれている。

  公式発表前だとして匿名を条件に述べた同当局者によると、協議はIMFの特別引出権(SDR)を5000億ドル(約53兆3000億円)割り当てる案が中心となっているが、最終的には4月のIMF春季会合近くに決定する可能性が高い。

原題:G-20 Moves Toward Consensus on IMF Reserve Firepower Boost (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE