, コンテンツにスキップする

米軍、シリア東部で親イラン勢力の施設を空爆-国防総省

更新日時
  • イラク駐留軍に対する最近の攻撃の対抗措置だと国防総省報道官
  • 緊張のエスカレート回避を図る米国はイランへの直接攻撃を控えた

米国防総省は25日、シリア東部で親イラン勢力に関連した施設に空爆を実施したと発表した。バイデン大統領が軍事攻撃を命じたのは初めて。

  同省のカービー報道官は「イラク駐留の米軍・有志連合部隊に対する最近の攻撃と、現在も続く脅しへの対抗措置として空爆が承認された」と声明で説明。空爆によって「カタイブ・ヒズボラ」「カタイブ・サイード・アル・シュハダ」など「イランが支援する幾つかの武装組織が利用する国境警備所付近の複数の施設が破壊された」と明らかにした。

  このところ、イラク駐留米軍が利用している施設へのロケット弾攻撃が続いており、有志連合の請負業者1人が死亡している。

  米国はイランへの直接攻撃は控え、同国とつながりがある民兵組織が管理しているとされるシリア内の施設を空爆。バイデン政権はイランを説得して同国が主要6カ国と2015年に結んだ核合意に復帰させようとしており、イランとの緊張がエスカレートする事態の回避を図っている。トランプ前大統領は3年前に核合意を離脱した。

  ホワイトハウスが24日発表した声明によれば、バイデン大統領はイラクのカディミ首相と23日に電話会談し、イラク軍や有志連合へのロケット弾攻撃について話し合った上で、こうした攻撃の責任を取らせる必要があるという見解で一致していた。

原題:Biden Takes First Military Action With Strikes on Syria Militias(抜粋)

(報道官のコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE