, コンテンツにスキップする

米のコロナ入院、1カ月で72%減少-最高齢層で最も顕著

  • 85歳以上の入院は1月との比較で81%減少-CDC
  • 住民10万人当たりの入院、全年齢層で57%以上の減少見られる

米国内で新型コロナウイルス感染症(COVID19)による入院がこの1カ月で72%減少した。

  米疾病対策センター(CDC)によると、2月の減少は85歳以上で最も顕著で、1月との比較で81%減った。CDCはCOVID19関連の入院動向を監視する「COVIDーNET」を通じてデータをモニターしている。

  直近の2月7-13日の週のデータによると、入院の率は85歳以上の住民10万人当たり23.4人となった。4週間前は10万人当たり120.3人だった。全年齢層では4.6人と、16.7人から減少した。

Covid Hospital Admissions

Rate of weekly admissions per 100,000 residents by age group

Source: Covid-Net: Covid-19-Associated Hospitalization Surveillance Network

Note: Based on Covid-Net network data from 10 states

  全体的にワクチンの効果が表われているようにも見えるが、まだ主要なけん引力とはなっていないもようだ。予防接種を受けた年齢層だけではなく、全ての層で57%以上の減少が見られたためだ。

  CDCのデータによると、米国では65歳以上の約42%が少なくとも1回のコロナワクチン接種を受けた。ブルームバーグ・ワクチン・トラッカーの集計データによれば、これまでに米国の人口の13.6%が1回以上の接種を受けている。

原題:
Covid Hospital Admissions Drop 72%, Led by Oldest U.S. Patients(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE