, コンテンツにスキップする

AT&T、不振のディレクTVをスピンオフへ-TPGと新合弁会社

  • PE投資会社のTPGは新ディレクTVの株式30%取得へ
  • AT&Tによる業務スリム化の取り組みの一環

AT&Tはプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社TPGと合弁会社を設立することで、衛星テレビ会社ディレクTVをスピンオフする。ディレクTVの価値を約160億ドル(約1兆7000億ドル)と評価する取引となり、AT&Tが2015年の買収で支払った480億ドルを大幅に下回る。

  25日の発表資料によると、ディレクTVを含むAT&Tの有料テレビ事業を運営する合弁会社設立でTPGと合意。AT&Tは契約の一環として76億ドルの現金を受け取る。TPGは新ディレクTVの株式30%を取得。残り70%はAT&Tが保有する。

  AT&Tはより小規模で先進的な通信・メディア企業への脱皮を目指しており、今回の売却はそれに向けた大きな一歩となる。ディレクTV買収で米最大手の有料テレビ事業者となったが、買収以降に同社のテレビサービス契約者は約900万人減少。6年前は2540万人の契約者を抱えていた。テレビ事業の価値減少を反映させるため、AT&Tは直近の四半期に155億ドルの評価損を計上した。

  ディレクTV持ち分の縮小により、AT&Tは将来的にディレクTVとディッシュ・ネットワークの統合を目指すことが可能になりそうだ。両サービスの統合案は、02年に米連邦通信委員会(FCC)と司法省の反対で頓挫した経緯がある。

原題:AT&T to Spin Off Long-Suffering DirecTV in Deal With TPG (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE