, コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
cojp

長期金利が5年ぶり高水準、政策点検控え市場は日銀の対応に注目

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

長期金利が2016年のマイナス金利政策導入後の最高水準を更新した。前日の米国市場で長期金利が急上昇したことが背景にある。市場では、日本銀行が3月に発表する政策点検で長期金利の変動許容幅を拡大するとの思惑もくすぶっており、当局が目先の金利上昇にどう対応するか注目が集まっている。  

  • 新発10年債利回りは前日比2.5ベーシスポイント(bp)高い0.165%。朝方に一時0.175%と16年1月以来の高水準を付けた
  • 前日の米10年債利回りは1.6085%と1年ぶりの水準まで上昇。この日の時間外取引では一時1.45%付近まで低下した
  • 長期国債先物3月物の終値は25銭安の150円62銭。朝方一時150円38銭と中心限月では18年10月以来の水準に下落。午後は2年債入札の順調な結果を好感し19銭安まで下げ幅を縮める場面もあった

  日銀は昨年12月の金融政策決定会合で、3月18、19日の決定会合をめどに「より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検を行う」と表明。市場では、日銀が同会合で18年7月以来となる長期金利の変動幅拡大に踏み切るとの観測がくすぶっている。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニアマーケットエコノミストは、経済正常化を期待する良い長期金利上昇からリスク削減の加速による悪い上昇に変わりつつあり、現行の上限である0.2%に近づけば「日銀から何らかのけん制があるはずだ」とみる。3月の政策点検時に長期金利がなおも上昇していれば、変動幅拡大は「金利上昇容認と受け取られる懸念もあり動けない可能性がある」と語る。

  長期金利は午前の取引開始直後に5年ぶりの高水準を付けた後、売り圧力がやや後退した。一部で期待された日銀の国債買い入れオペは見送られたが、米長期金利が時間外市場で低下したことを背景に買い戻す動きが見られた。この日行われた2年債入札も順調な結果に終わり、市場はひとまず落ち着きを取り戻した格好だ。

  日銀が16年1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利政策の導入を決定した際は、その前まで0.2%台で推移していた長期金利が急低下した。日銀は同年9月に長短金利操作を導入し、18年7月に長期金利の変動許容幅を従来のプラスマイナス0.1%の2倍に拡大。長期金利はその後、マイナス金利導入後の高水準となる0.155%を付ける局面もあったが、今月に入るまでの2年間は0.1%を下回る水準で推移していた。

新発10年物国債利回りの推移

  黒田東彦総裁は衆院財務金融委員会で、長短金利操作の枠組み自体はよく機能しており、政策点検で変えるつもりはないとした上で、「資産買い入れのやり方や内容は効果と作用を点検し、より効果的で持続可能なものにしていきたい」と語った。麻生太郎財務相は閣議後会見で、足元の金利上昇について「現時点で適切だ適切でないとコメントしない」と述べた。

  野村証券の中島武信チーフ金利ストラテジストは、米長期金利が時間外市場で低下し、「世界的な金利上昇が一服したとの安心感が生まれた」と指摘。2年債入札も最低落札価格、応札倍率とも順調な結果に終わり、「債券市場のリスク心理はだいぶ改善した」と述べた。日銀の3月点検については「この機会を逃すと米長期金利がさらに上昇局面に入っても動けなくなる」として、引き続き長期金利の変動幅拡大を予想している。

新発国債利回り(午後3時時点)

2年債5年債10年債20年債30年債40年債
-0.115%-0.055%0.165%0.555%0.760%0.810%
前日比-1.0bp横ばい+2.5bp+0.5bp+1.5bp+1.5bp
(コメントを追加して全文を差し替えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE