, コンテンツにスキップする

テスラの「モデル3」生産、サプライチェーン問題で一時停止-関係者

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは、カリフォルニア州フリーモントの組立工場で生産の一部を一時的に停止する。事情を知る関係者が明らかにした。

  非公開の情報だとして匿名を条件に語った関係者によれば、同工場の「モデル3」生産ラインの従業員は、今月22日から3月7日まで操業を休止すると連絡を受けた。ただ一部従業員は24日に同工場に戻ったという。

Tour of Tesla Factor in Fremont, California

フリーモント工場(2018年)

  テスラは港湾施設での滞りや大雪による陸上輸送の乱れで生じたサプライチェーン問題に対処していると関係者らは話した。テスラの担当者にメッセージでコメントを求めたが返答はなかった。

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は25日、フリーモント工場は部品不足で2日間閉鎖していたが、24日に操業を再開したとツイッター投稿で明らかにした。

  25日の米株式市場でテスラ株は下げ、前日比8.1%安の682.22ドルで終了した。

関連記事
テスラ一時9.6%、アーク4日で15%急落-米長期金利上昇がテク株直撃
テスラ、米国で「モデル3」と「モデルY」値下げ-最廉価版が対象

原題:Tesla Scales Back Model 3 Output Amid Supply Chain Woes (2)(抜粋)、Elon Musk Says Fremont Plant Restarted Yesterday

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE