, コンテンツにスキップする

バフェット氏沈黙破るか、聞きたいこと山ほど-米株市場や議会乱入も

  • バフェット氏は株主に送る書簡を通じて沈黙を破るチャンス訪れる
  • 「幾つかの問題に対応する内容でなければ人々は失望」とアナリスト

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、2020年の混乱の中でほぼ沈黙を守った。

  過熱した米大統領選と全米規模の抗議行動に発展した人種的対立、多くの米国民を引き付けた株式市場の活況のいずれの局面でも、バフェット氏は口をつぐんできた。

  だが、米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)として、同氏が株主に毎年送る書簡の内容が27日に公表される。これにより同氏が沈黙を破るチャンスがようやく訪れる。

  CFRAリサーチのアナリスト、キャシー・サイフェルト氏は電話取材に対し、「今回の書簡が幾つかの問題に注意を向ける内容でなければ、人々は失望するだろう。彼の考えを聞きたい欲求が存在する」と語った。

  バフェット氏は昨年5月の年次株主総会で、過去最高額に近い手元資金について、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が「最悪のシナリオ」になる可能性を考えれば、それほど巨額でないと発言。しかしその後は、米大統領選が過去まれに見る激戦となったにもかかわらず、自分の意見を話すことがほとんどなかった。

  同氏が議論に加わると決意すれば、トランプ前大統領の支持者による1月の連邦議会議事堂への乱入事件に関する見解や、バイデン大統領と選挙前に話した内容、ゲームストップ株などの空売り投資家が関わる最近のドラマをどう考えればいいかなど、説明できると思われるテーマが数多く存在する。

  バフェット氏の長年のビジネスパートナーであるチャールズ・マンガー氏は24日、経験の浅い個人投資家の株式取引プラットフォームを運営する米ロビンフッド・マーケッツなどについて、本質は「ギャンブル」を提供するものであり、金を稼ぐ「汚いやり方だ」と述べていた。

Inside The Berkshire Hathaway Inc. Annual General Meeting

ウォーレン・バフェット氏

写真家:ヒューストンコフィールド/ブルームバーグ

What Bloomberg Intelligence Says

“We believe the record share repurchase of 2020 reflects a dearth of other options and Buffett’s conservatism in uncertain times. The company would need a large deal to move the needle on results.”

--Matthew Palazola, senior analyst

原題:Buffett’s Letter to Break Months of Silence Amid Tumult in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE