, コンテンツにスキップする

HPの11-1月売上高は市場予想上回る、在宅勤務用PC好調-株上昇

  • 2-4月期と通期の1株利益見通しも市場予想上回る
  • コロナ禍による需要増は持続可能、オフィス再開が支えに-CEO

HPインクが25日発表した2020年11-21年1月(第1四半期)決算では、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。リモート勤務や遠隔学習に必要なパソコン(PC)とプリンターの販売が好調だった。同社の業績見通しも市場予想を軽く上回ったことから、同社株は時間外取引で上昇。

  発表資料によると、11ー1月期の売上高は156億ドル(約1兆6600億円)。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は約150億ドルだった。1株利益は一部項目を除いたベースで92セントで、市場予想を超えた。

  2-4月(第2四半期)1株利益は一部項目を除いたベースで84ー90セントを見込む。アナリスト予想平均は61セント。通期1株利益は3.15ー3.25ドルとの見通しを示しており、現在のウォール街の予測を大きく上回った。株価は一時1.3%上昇した。  

  エンリケ・ロア最高経営責任者(CEO)はコンピューターと周辺機器の需要増加は持続可能だと述べ、消費者が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中でこの技術の重要性を学んだと指摘。企業による施設の再開やオフィス用ハードウエアの一新に伴い、年内は商業的需要が受注を支えるとの見通しを示した。

原題:HP Sales Beat Estimates on Work-at-Home PC Demand; Shares Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE