, コンテンツにスキップする

ブラード総裁、10年債利回り上昇「適切」-力強い回復見通し反映

更新日時
  • ワクチン到着は数カ月以内にコロナ禍が終わる可能性を高める
  • 最近の労働統計は軟調だが、今後より堅調になる可能性が高い

米セントルイス連銀のブラード総裁は、ここ最近の米10年債利回りの上昇は新型コロナウイルス禍からの力強い景気回復に対する楽観を反映していると述べた。

  同総裁はジョージア州立大学が主催した経済見通しに関する会合で「成長見通しが改善し、インフレ期待値も上昇している。それに一致した10年債の利回り上昇は適切だ」との見解を示した。

  さらに新型コロナワクチンの到着は、コロナ禍が数カ月以内に終わる可能性が飛躍的に高まっていることを意味すると指摘した。

  労働市場については「ここ最近の統計内容は軟調だが、コロナ禍の緩和に伴い今後はより堅調になる可能性が高い」とみている。

  ブラード氏はインフレ期待がかなり高まる可能性があるが、それでも当局が目標とする2%をやや超える水準近辺にとどまるとみており、「これは連邦公開市場委員会(FOMC)にとっては歓迎すべき展開だろう。インフレは何年間にもわたり、目標値を総じて下回っていた」と述べた。

原題:Fed’s Bullard Says Rising 10-Year Yield Reflects Robust Outlook(抜粋)

(第4、5段落を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE