, コンテンツにスキップする

ビットコインには時価総額数兆ドルの潜在性、アークのウッド氏が指摘

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの時価総額は数兆ドルに及び得るとの見方を示した。また、機関投資家から新たに関心を集めており、使途も多様化したことから、ビットコインは現在「黎明(れいめい)期」にあるとも述べた。

  ウッド氏はブルームバーグ・クリプト・サミットのパネルディスカッションで、「ビットコインの時価総額がおよそ9500億ドル(約101兆円)だということを、アップルの状況に照らして考えてみるといい」とし、ビットコインの時価総額はアップルの「半分未満だが、今ここで暗号資産ワールドにおける準備通貨というテーマが議論されている」と話した。

アーク・インベストメントのキャシー・ウッド氏

Source: Bloomberg

  機関投資家によるビットコイン受け入れが今年拡大したのは、前向きなサプライズだったとウッド氏は指摘。「機関投資家の参入は予想していた」が、「バランスシートおよび現金資産をビットコインに分散する動きは予想していなかった」と話した。

  ビットコインはニューヨーク時間25日午後2時42分時点で約2%高の約4万9684ドル。アーク・インベストメントの旗艦ファンド「アーク・イノベーションETF(ARKK)」は4%安と、4日続落に向かっている。

  ウッド氏は特に低金利と量的緩和の環境下では、ビットコインがヘッジや「保険」としての役割を果たすと強調。「ドルは下落していて、通常ならそれが金相場を支えるが、金は実際は下げており、ビットコインは上昇している」と指摘した。

  規制当局への届け出によると、アーク・インベストメントはビットコインに投資するグレースケール・ビットコイン・トラストの受益証券を2020年末時点で730万保有していた。またARKKによるテスラとスクエアへの投資を通じ、間接的にビットコインを保有している。

関連記事

JPモルガン、ビットコインでのヘッジを提案-ポートフォリオの1%

ビットコインが5万ドル回復、アークのキャシー・ウッド氏が支持発言

キャシー・ウッド氏のETF、不安定な値動き-資金流出などで
スクエア、約3318ビットコインを1.7億ドルで購入-投資額2.2億ドルに

原題:Wood Says Bitcoin Has Trillions in Market Cap Potential (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE