, コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 米国債利回り急伸、金融当局は利回り上昇を楽観、ECBの債券購入
  • ビットコインの活用を提案、EUは英に部分的な同等性付与も

25日の金融市場では米国債利回りが急伸。市場ではコンベクシティヘッジと呼ばれる現象が起き、国債売りがさらなる売りを呼ぶ状況になっているようです。一方で米国株は大幅安。テクノロジー銘柄を中心に大きく売られ、ナスダック総合指数は3%を超える下げとなりました。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

スピード上昇

米国債利回りが注目水準を突破し、一部の指標銘柄では世界的な投機の高揚感を抑え込みかねない分岐点を超えた。10年債利回りは一時1.60%を突破、1年ぶり高水準となる1.6085%まで上昇した。5年債利回りの上昇はさらに顕著で、売りの加速を呼ぶ重要水準として一部ストラテジストが警戒する0.75%を明確に上回った。インフレ調整後の10年物実質金利は25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り上昇する場面があった。

金融当局は楽観

米国債利回りの上昇を巡り、一部の米金融当局者は景気が着実に回復するという楽観を反映しているとの認識を示した。セントルイス連銀のブラード総裁は、利回り上昇は「米経済成長とインフレ期待の見通し改善を反映しており、これまでのところ明るい兆候と言えそうだ」と発言。カンザスシティー連銀のジョージ総裁も「上昇の大半は回復の力強さに対する楽観の強まりを反映している可能性が高い」と述べた。

柔軟に

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の金融環境を注視しており、不適切なタイト化を防ぐために柔軟に債券購入を行うと、チーフエコノミストのレーン理事が述べた。同理事はウェブセミナーで、当局者らは「長期の名目債券利回りの推移を注意深く監視している」とし、「市場の状況に応じて柔軟に購入する。インフレ見通しに対するパンデミックの悪影響を打ち消すという目的を損なうようなタイト化を防ぐためだ」と語った。

ビットコインもどうぞ

ポートフォリオ多様化の手段としてビットコインの活用を提案するウォール街の企業に、JPモルガン・チェースが加わった。ジョイス・チャン氏、エイミー・ホー氏らJPモルガンのストラテジストは24日付けのリポートで、「マルチアセットのポートフォリオでは全体的なリスク調整後リターンを効率的に上昇させるために、最大1%を仮想通貨に配分することは可能だろう」とした。

一部アクセス認可も

欧州連合(EU)は英国の金融サービス業界にある種の「同等性」を付与する可能性があるとの考えを、フランスのマクロン大統領に近い閣僚が示した。フランスのボーヌ欧州問題担当相は24日のインタビューで、「恐らく部分的な同等性が付与されることになるだろう」と発言。時期は今年半ばまでになる公算が大きいと示唆した。とはいえ、英国がEU離脱前に持っていたようなアクセスをロンドンの金融街が取り戻せるということではないとも、ボーヌ氏は警告した。

その他の注目ニュース

国債売りが売りを呼ぶコンベクシティヘッジの影、金融市場は戦々恐々

ゲームストップ再び急騰、2日で株価3倍余りに-「ミーム銘柄」狂乱

米国が顕著に改善-コロナ時代に最も安全な国ランキング

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE