, コンテンツにスキップする

アトランタ連銀総裁、当局の焦点は労働市場の「困難」-GDPでない

米アトランタ連銀のボスティック総裁は米経済が予想より速いペースで回復が進んでいるとしつつ、金融当局としては1000万人の雇用が失われた後もなお危機状態にある労働市場の支援に重点を置く姿勢を示した。

  総裁の発言は、経済が回復する中においても金融当局として緩和策の縮小に近づいていないとのメッセージを改めて意味する。

  ボスティック総裁は25日、アトランタ連銀が主催したバーチャル形式の会合で講演。「われわれの責務は最大限の雇用達成だと念を押しておきたい」と発言。「最大限のGDP(国内総生産)達成ではない。GDPの規模ではない。よってこの差異は重要であり、当局として今後も注視し続ける必要がある」と述べた。

  GDPに基づく米経済の規模は2019年の水準を約2.5%下回る一方、雇用は約6%下回っているとボスティック総裁は指摘。「回復は実に困難な局面にある」と述べた。

原題:Fed’s Bostic Says Labor Market Crisis, Not GDP, Is Focus of Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE