, コンテンツにスキップする

モデルナ、21年のワクチン契約184億ドル-最高医療責任者は退社へ

新型コロナウイルスのワクチンを開発した米モデルナは、2021年分の供給契約がこれまで184億ドル(約1兆9500億円)相当に上ったことを明らかにした。同社はタル・ザックス最高医療責任者(CMO)が9月後半に退社することも発表した。

  25日の発表資料によるとモデルナはワクチン事業を拡大し、今後数年間で他の製品を商品化する計画であり、ザックス氏の後任者には「グローバルでビジネス経験のある」人材を探している。

  新型コロナワクチンはモデルナが初めて市場に投入した製品。同社は新型コロナで有効性が確立されたメッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づく医薬品やワクチン候補を開発している。

  昨年10ー12月(第4四半期)の売上高は5億7100万ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の2億8760万ドルを上回った。

原題:Moderna Reaches $18.4 Billion Covid Deals; Medical Chief Exits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE