, コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

米国債利回りスピード上昇、10年物一時1.6%台-リスク資産に警報

更新日時
  • 10年債利回りは一時1.60%を突破、1年ぶり高水準
  • 5年債利回りはより顕著に上昇、警戒ラインの0.75%を超える
Pedestrians ride on an escalator in Pudong's Lujiazui Financial District in Shanghai, China, on Thursday, Feb. 18, 2021. China's stock benchmark erased gains after briefly surpassing its 2007 closing peak, as mainland financial markets opened for the first time following the Lunar New Year break.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

25日の金融市場で米国債利回りが注目水準を突破し、一部の指標銘柄では世界的な投機の高揚感を抑え込みかねない分岐点を超えた。

  10年債利回りは一時1.60%を突破、1年ぶり高水準となる1.6085%まで上昇した。5年債利回りの上昇はさらに顕著で、売りの加速を呼ぶ重要水準として一部ストラテジストが警戒する0.75%を明確に上回った。インフレ調整後の10年物実質金利は25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り上昇する場面があった。

国債売りが売りを呼ぶコンベクシティヘッジの影、金融市場は戦々恐々

  異常に緩和的な金融・財政政策で市場を支えている政策当局にとっても実質金利上昇は懸念材料だ。欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル理事は25日に公表されたインタビューで、突然の実質金利上昇は景気回復を頓挫させかねないためECBは金融市場を注視していると語った。

ECBシュナーベル氏「金融情勢引き締まることないよう確実を期す」

原題:Treasury Yields Surge Past 1.6%, Sounding Alarm for Risk Assets(抜粋)

(相場を更新し、情報を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE