, コンテンツにスキップする

スタンダードチャータード、21年利益横ばいと警告-コロナと低金利で

  • 20年の調整後税引前利益は40%減の25億1000万ドル-予想下回る
  • 期末配当0.09ドルと自社株買い2億5400万ドル相当も発表

英銀スタンダードチャータードは25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や低金利の影響を引き続き受けるとして、今年は利益成長がほとんど見込めないとの見通しを示した。2022年には回復が予想されるという。

  同日発表した20年通期の調整後税引前利益は40%減の25億1000万ドル(約2660億円)。事業再編費用が響き、アナリスト予想の25億5000万ドルに届かなかった。信用関連の減損は2倍余りになった。

  21年の利益は20年同様の水準を予想したが、上期は前年同期を下回るとの見通しを示した。期末配当0.09ドルと2億5400万ドル相当の自社株買いも発表した。

  ビル・ウィンタース最高経営責任者(CEO)は発表資料で「当行は引き続き堅調で利益を確保したが、新型コロナ感染拡大の結果、20年のリターンは明らかに引当金の増加や経済活動の落ち込み、低金利の影響を受けた」と説明した。

  同行はまた、向こう数年間にさらに約5億ドルの事業再編費用が見込まれると指摘した。

原題:StanChart Warns of Flat Income in 2021 as Low Rates Weigh (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE