, コンテンツにスキップする

航空機エンジンの亀裂、検査で見逃される可能性も-重大事故の恐れ

  • デンバーのボーイング777事故受け、各国当局が緊急検査命じる
  • 検査不備もあり得る上に、検査担当者の力量と集中力に頼るも同然

ボーイング777型機のエンジンが20日に米コロラド州で故障した事故を受け、一部のエンジンについて緊急検査を命じた各国当局は、数十年来の問題に取り組むことも迫られる。

ボーイング777搭載で損傷したエンジン、厳格検査義務付け-FAA

  金属部品内部にある亀裂の検出に必要な複雑な技術は、一貫した結果が得られないことがあり得ることで知られる。

relates to 航空機エンジンの亀裂、検査で見逃される可能性も-重大事故の恐れ

ボーイング 777-200型機の尾翼とフェアリングの損傷

出典:NTSB

  検査結果は漠然とした内容になる傾向がある上、検査担当者の力量と集中力に頼っているのも同然だ。デンバーの事故と同型のエンジンファンブレードが故障した2018年の事故調査では、数年前に生じた亀裂が2回の検査で見逃されていたことが判明している。

  運輸安全委員会(NTSB)の冶金専門家として働いていたジェームズ・ワイルディ氏は今回の事故につながった機体の欠陥について「恐らく発見できていなかっただけだ」とした上で、「亀裂は検知すべきだった、あるいは検知できたと考えられる」と語った。

  連邦航空局(FAA)は23日、故障したのと同じプラット&ホイットニー(P&W)製エンジンを搭載した777型機を米航空会社として唯一運航するユナイテッド航空に対し、全てのファンブレードの検査を求める緊急命令を出した。同型機が運航されている日本や韓国も同様の指示を出している。

  FAAは緊急命令で、あくまでも暫定的な措置であり、追加措置を講じると「想定している」と説明。24日の声明によると、検査のあり方の見直しなどが含まれる見通し。

Boeing 777 Drops Debris Onto Denver Neighborhood After Engine Explosion

散乱した航空機エンジンの破片(コロラド州ブルームフィールド、2月20日)

写真家:Michael Ciaglo / Getty Images

関連記事
日米韓英でB777の運航停止、ユナイテッドと同じエンジン搭載  
米ユナイテッド機、エンジン故障で引き返す-デンバー郊外に破片落下

原題:
Cracks in Jet Engines Can Elude Inspectors, With Deadly Results(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE