, コンテンツにスキップする

「VIXバブル」、株価上昇の前触れの可能性-JPモルガン

  • 実際のボラティリティーに対するVIXのプレミアムが過去最大付近
  • 過去のデータでは3カ月後にVIXは11ポイント低下、相場12%上昇

市場の恐怖指数とも呼ばれるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)は高水準にあり、過去のデータを参考にすると、これは株価上昇の前触れである可能性がある。

  VIXとS&P500種株価指数の実際のボラティリティー(期間2週間)の格差は過去においてボラティリティー低下と株価上昇の先触れとなった水準にある。JPモルガン・チェースのストラテジスト、マルコ・コラノビッチ、ブラム・カプラン両氏が24日のリポートで指摘した。過去においては格差がこの水準になった3カ月後に、VIXは11ポイント低下し相場は平均で12%上昇した。相場は87%の確率で上昇したという。

  「実際の株式ボラティリティーに対するVIXのプレミアムが過去最大に近い『VIXバブル』の状態を考えると、VIX売りに収益機会がある」とストラテジストらは提案している。

  VIXは新型コロナウイルス感染が広がり始めた1年前から上昇し、総じて20を上回って推移している。算出開始以来の平均は19.5。

VIXがやっと20下回る-先物とETFは再上昇見込みを示唆
  ただ、トールバッケン・キャピタル・アドバイザーズのマイケル・パーブス最高経営責任者(CEO)は、VIXをショートにする取引に参加する投資家が今は減っているため、恐らくVIXが低下しにくくなっているとして、プットオプションの残高の少なさを指摘した。

  「VIXを低下させるにはボラティリティーの売り手が足りない。本当に心配しているなら、プットの取引がもっと増えるはずだ」と同氏はインタビューで述べた。

The VIX has largely remained above 20 since the pandemic hit markets

原題:
JPMorgan’s Kolanovic Says ‘VIX Bubble’ May Spark Stock Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE