, コンテンツにスキップする

五輪聖火リレー、緊急事態なら式典のみも-予定通り3月25日開始

更新日時
  • 沿道ではマスク着用、大声を出さず拍手やグッズ活用の応援を要請
  • 観覧時に過度の密集ならリレー中断も、一部ランナーに検査推奨

東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、聖火リレーについて、沿道での密集を避けるためのライブ中継活用やランナーへの事前検査など、新型コロナウイルス対策を徹底しながら予定通り3月25日から実施すると発表した。  

  観客には沿道でマスクを着用し、大声を出さず拍手による応援などを要請。観覧時に過度な密集が生じれば中断もあり得る。実施地域に緊急事態宣言や不要不急の外出自粛要請が出されている場合、公道でのリレーを見合わせ、無観客で点火セレモニーだけを行うなどの措置を取る可能性も示した。

  橋本聖子会長は、安全対策をした上で聖火リレーを実施したいと各都道府県知事に22日に伝えたと明らかにした。その上で、自治体ごとに感染状況が異なり、それぞれの事情の中できめ細かな対応が重要と指摘。「理解と納得を頂きながら、希望の道をつなぐ聖火リレーを実現したい」と述べた。

聖火リレーでの主なコロナ対策
  • 観覧客向け
    • インターネットライブ中継での視聴を推奨
    • 沿道観覧は居住地付近でするよう求める
    • 沿道ではマスクを着用し、大声を出さず拍手による応援や配布グッズなど活用の応援を要請
    • 過度な密集が生じた場合はリレー中断も
  • 聖火ランナーの感染予防
    • 緊急事態宣言またはまん延防止重点措置実施中の地域に居住し、都道府県境を越えて走行するランナーは、走行1週間前以内のPCR検査か抗原定量検査を推奨
    • 2 週間前から当日まで会食をせず、密集する場所への外出を避けるなどコロナ感染リスクの高い行動を避けるよう求める
    • 実施2週間前からの体調管理チェックシートへの記入
  • 出発式などの観覧対策
    • 原則として事前予約制
    • 人数制限を検討
  • その他
    • リレー実施については各都道府県のコロナ染状況などを踏まえ実施形態を変更する場合がある
    • 緊急事態宣言や不要不急の外出自粛要請が発出されている場合などは必要に応じて公道でのリレーを見合わせ無観客で点火セレモニーだけを行う場合がある

  聖火リレーは3月25日に福島県からスタートし、7月23日まで約1万人が全国47都道府県を巡る計画。新型コロナの感染懸念から実施を避けたいとの声も上がっており、島根県の丸山達也知事は政府や東京都の感染対策が現状のままなら県内の聖火リレー中止を検討する方針を示していた。  

  国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は24日、東京大会の会場に観客を入れるかの判断は4月か5月上旬ぐらいになるとの見通しを示した。同日の理事会後の会見で述べたと25日付の朝日新聞などが報じた。

関連記事
(橋本会長の発言や発表の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE