, コンテンツにスキップする

ゲームストップのCFO、在任2年弱で32億円相当の退職パッケージ

  • 1月の株価急騰などで退職パッケージの評価額が上昇
  • 物言う株主コーエン氏の圧力成功なら業績次第で30万株以上取得も

ビデオゲーム小売りの米ゲームストップのジム・ベル最高財務責任者(CFO)は就任後2年弱で解任されるが、手ぶらで退職するわけではない。

  ベル氏は3月26日にゲームストップを去る際に、退職金280万ドルと1300万ドル相当の制限付株式で計1580万ドル(約17億円)相当を受け取る。また、同社取締役で物言う株主のライアン・コーエン氏が同社の経営再建を成功させることができれば、業績次第で今後数年に少なくとも30万株を受け取ることができる。これは23日終値時点で1380万ドル相当。

  退職する経営幹部向けの報酬としてはかなり標準的な条件だが、1月のゲームストップ株急騰などの影響もあってベル氏の退職パッケージは高額となる。

  株式報酬は全て、ベル氏が2019年6月に同社入りして以来通常報酬の一部として交付されたもので、権利確定期間は23年までに及ぶ。

  同氏にコメントを求めたが回答していない。

関連記事

原題:
GameStop’s Short-Lived CFO to Leave With $30 Million Package (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE