, コンテンツにスキップする

インフレなお「非常に低い」、顕著な進展には時間-ブレイナード理事

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は24日、「インフレはなおも非常に低い」との認識を表明。「インフレ期待に関するさまざまな指標はこのところ上向いているものの、最近のヒストリカルなレンジ内に収まっている」と述べた。

  ブレイナード理事はバーチャル会議で、「個人消費支出(PCE)に基づくインフレは向こう数カ月で、12カ月ベースの数字が一時的に2%に達する、あるいはそれを超える可能性がある」と指摘。低水準だった昨年3月と4月の実績が計算の対象外となる点を理由に挙げた。発言内容は同会議向けに事前に準備された原稿に基づく。

  また、新型コロナウイルスが「パンデミック(世界的大流行)となって以降に労働人口から外れた400万人余りの労働者や分類上のミスを考慮すると、失業率は現在10%に近い。これは統計に示された失業率の6.3%よりはるかに高く、金融危機後の失業率のピークに近い」と語った。

  その上で「いま現在、雇用とインフレの両観点から米経済はわれわれの目標から懸け離れたままであり、一段と顕著な進展を遂げるまでにはある程度時間がかかるだろう」と述べた。

原題:Fed’s Brainard Says Inflation Still ‘Very Low,’ Joblessness High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE