, コンテンツにスキップする

FRB議長、銀行配当規制とレバレッジ比率緩和に関する質問そらす

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の議会証言で、新型コロナウイルス危機に対応した銀行配当規制の撤回と、レバレッジ規制緩和の延長というウォール街の要望リスト上位2項目に関する議員からの質問をそらした。

  前日の上院に続きこの日下院で証言したパウエル議長は、FRBが新型コロナ危機下の金融システム強化に向けて実施した一時的措置に関して主に共和党議員から繰り返し質問を受けたものの動じず、「現在検討中の事項だ」といった内容の返答を繰り返すにとどめた。

  FRBは昨年銀行に対し、高い資本水準の維持に十分な現金を確保させるため配当を制限した。当局は禁止していた自社株買いを最近解禁しており、金融機関は配当規制の撤回についても認めるよう要望している。銀行はまた、来月で失効するレバレッジ比率規制緩和の延長も求めている。

原題:Fed’s Powell Tight-Lipped on Bank Dividends and Leverage Relief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE