, コンテンツにスキップする

テンセント出資の猿輔導、200億ドル超の評価で資金調達探る-関係者

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する猿輔導(北京猿力教育科技)は企業価値200億ドル(約2兆1100億円)余りとの評価の下での新規資金の調達を目指している。事情に詳しい関係者が明らかにした。中国のオンライン教育業界では各社が競って資金集めに動いている。

  宿題支援アプリを展開する猿輔導は少なくとも10億ドルを調達する計画で、博裕資本や徳弘資本などの投資家と協議している。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。この資金調達ラウンドはまだ固まっておらず、規模は投資家の関心に左右されるという。

  猿輔導は2022年の株式公開を目指して企業価値を高めたい考えだと関係者は説明。同社は資料で正式な資金調達計画は一切ないとコメントした。博裕資本と徳弘資本はコメントを控えた。

原題:Tencent-Backed Edtech Startup Seeks Funding at $20 Billion Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE