, コンテンツにスキップする

クレディ・スイスとUBS、香港のバンカーを中国本土に移動

  • 中国本土でのディールメーキング拡大に向け人員の移動進める
  • 本土市場の開放進み、世界の銀行の間で競争激化

スイスの銀行クレディ・スイス・グループUBSグループは、多数のバンカーを香港から中国本土に移動させつつある。中国が外国の金融機関に対する規制を緩和したことに伴う動き。

  クレディ・スイスは最近、ディレクターのビビアン・フェン、リチャード・コット、フェリックス・メンの3氏と4人のジュニアバンカーを香港に移したと、事情に詳しい関係者が内部情報だとして匿名を条件に明らかにした。UBSはマネジングディレクター数人を移そうとしていると、協議について知る複数の関係者が述べた。最終決定はまだだという。

  中国が昨年、本土の証券事業の完全子会社化を外国企業に認めたことで、同国での競争が激化している。投資銀行事業だけで2026年までに470億ドル(約5兆円)に達すると推定される利益を追い、クレディ・スイスとUBSやゴールドマン・サックス・グループなど米国勢は中国事業を拡大中で、場合によっては人員を倍増させようとしている。

  クレディ・スイスとUBSのメディア担当はコメントできないと述べた。

  中国本土の市場開放に伴い香港にバンカーを置くことがそれほど重要でなくなっていることに加え、新型コロナウイルス感染が収まらず香港と本土間の移動制限が長引くとの懸念も中国関連ディールの妨げになるとして人事異動の一因になっている。

原題:Credit Suisse, UBS Move Bankers to Mainland China from Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE