, コンテンツにスキップする

ビットコイン下げ加速、5万ドル割り込む-警戒感広がる

更新日時
  • 「仮想通貨への投機に慎重を期すよう顧客に助言する」とUBS
  • ビットコインは今週、この1年間に株価が急伸した銘柄とともに後退

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

仮想通貨ビットコインは23日の取引で下げが加速し、5万ドルを割り込んだ。価格が膨らんだビットコインを手放す動きが出始めた。

  ビットコインは一時18%下げ、ニューヨーク時間午後4時32分(日本時間24日午前6時32分)現在、約4万7870ドル。約2週間ぶりの安値にすぎないが、仮想通貨のより大きな後退の始まりを示すものか、あるいは単に予想しにくい市場におけるボラティリティーの表れなのか投資家は考え始めている。

  UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのマーク・ヘーフェル最高投資責任者(CIO)は発表文で「仮想通貨への投機に慎重を期すよう顧客に助言する」とした上で、「確定していない規制上のリスクがある上に、将来的な利用も不明なままだ」と指摘した。

  昨年12月から2倍余り値上がりしているビットコインは今週、この1年間に株価が急伸した銘柄とともに売りの勢いが加速する中で下げている。23日は、ハイテク銘柄中心のナスダック100指数などはプラス圏にあと一歩まで戻したが、ビットコインはこの日の安値付近に張り付いたままだった。

  一方、仮想通貨交換所ビットフィネックスは損失隠しなどの疑惑を巡るニューヨーク州司法長官の調査で和解した。1850万ドル(約19億5000万円)の支払いを伴うこの合意で市場の不透明性が払拭(ふっしょく)されるとの見方もある。

原題:Bitcoin Tumbles Below $50,000 as Fear Sweeps Through Crypto(抜粋)

(4段落目以降に背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE