, コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
cojp

ソフトバンクG、バイオテクノロジー上場企業に多額の投資計画-関係者

The Tokyo Portcity Takeshiba building, left, which houses SoftBank Group Corp's headquarters, in Tokyo, Japan, on Friday, Feb. 5, 2021. SoftBank Group is scheduled to release earnings figures on Feb. 8.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクグループがバイオテクノロジーとヘルスケアセクターへの投資を拡大する計画だと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同社はDNAシーケンシング(解析)システムの開発・製造を手掛ける米パシフィック・バイオサイエンシズ・オブ・カリフォルニアの株式を3億1200万ドル(約330億円)相当取得するなど、既にこうした業界の企業に投資している。だが、同関係者によれば、今後は数十億ドル規模の資金をバイオテクノロジーの上場企業に投じる計画だ。関係者は同社の戦略が非公開であることを理由に匿名で語った。

  投資は上場株投資運用子会社のSBノーススターを通じて行われる。ソフトバンクグループの広報担当者はこの件に関し、「誤解を招く恐れがある上に不正確だ」とコメント。「SBノーススターはあらゆるテクノロジー領域で投資機会の検討を続けており、一つの特定セクターに特に重点を置いているわけではない」と述べた。

原題:
SoftBank Is Said to Plan Billions to Invest in Biotech Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE