, コンテンツにスキップする

HSBC、アジア地域のバンカー賞与が他地域上回る-全体は2割減

  • 2020年のボーナス支給総額は20.4%減少の約2800億円
  • 投資銀事業含めたGBM部門のボーナスは約15%減少

英銀HSBCホールディングスのアジア地域のバンカーが受け取ったボーナス(賞与)は、他地域のバンカーよりも多かった。欧州最大手の同行はアジアでの基盤強化を目指している。

  23日の届け出によれば、HSBCが支給した2020年のボーナスは20.4%減少して約26億6000万ドル(約2800億円)だった。同行は「市場別に差別化した。アジア地域は前年比で業績が好調だった。同地域の戦略的な重要性とグループ全体の業績に貢献し続けていることも反映している」と説明した。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界的なビジネスや欧州経済に打撃を与える中、欧州の金融機関の大半はボーナス支給を抑制し、目立つことを控えている。

  投資銀行事業が入るグローバル・バンキング・アンド・マーケッツ(GBM)部門の昨年のボーナスは約15%減少した。

原題:HSBC’s Asia Bankers Do Better Than Peers as Bonus Pool Cut 20%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE