, コンテンツにスキップする

中国政府は香港の選挙制度改革が必要、政情不安への対応で-林鄭長官

  • 状況に対処するため行動を起こさざるを得ない段階に達したのは明白
  • 香港マカオ事務弁公室の夏主任も香港選挙制度の見直しが必要と説明

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は23日、中国政府が香港の選挙制度を改革する必要があるのは非常に明白だと述べた。前日にも中国政府高官が香港に大きな変化が迫りつつあると示唆していた。

  林鄭氏は午前の記者会見で、香港で2019年に起きた大規模デモなどの政情不安をきっかけに、中国が愛国的な当局者による香港統治を確実にすることを余儀なくされたと説明。

  同氏は「選挙制度改革を含め、状況に対処するため中央政府が行動を起こさざるを得ない段階に達したのは極めて明白だ」として、「中央政府が非常に懸念していることは理解できる。さらなる状況悪化を中国は望んでいない」と語った。

  中国政府で香港政策を統括する香港マカオ事務弁公室の夏宝竜主任は22日、中国が香港の選挙制度見直しという「最も重要で喫緊の課題」に直面していると指摘。「香港の統治が愛国者によってしっかりとコントロールされるのを確実にするため」、中国は香港の選挙システムを改革することが必要だと述べた。

中国当局者、香港選挙制度の見直しが「最も重要で喫緊の課題」

Alibaba Group Holding Ltd. Chairman And Billionaire Jack Ma Speaks At The India-China Business Cooperation Conference

夏宝竜氏

写真家:Prashanth Vishwanathan / Bloomberg

原題:
China Must Reform Hong Kong’s Election Rules, Carrie Lam Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE