, コンテンツにスキップする

トランプ氏の納税申告書、米最高裁が開示認める-検察の捜査進展へ

米連邦最高裁判所は22日、トランプ前大統領の納税申告書やその他の財務記録8年分をニューヨーク大陪審に開示することを認める判断を下した。

  トランプ氏の税務会計を担うメイザーズUSAに記録提出を求めて出された召喚状を、最高裁は阻止しないと決定。最高裁は決定に関する意見書は発表せず、反対意見も明らかにしなかった。

  メイザーズUSAは召喚状に対し、法的責務に従うとの意向を示している。ニューヨーク・マンハッタン地検のサイラス・バンス検事長が今後受け取る資料は、大陪審の守秘対象となり、直ちに公になる可能性は低い。

原題:Trump Rejected as Supreme Court Lets Prosecutor Get Tax Records(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE