, コンテンツにスキップする

菅首相長男らと職員計12人が会食、倫理規程違反の疑い-総務省

更新日時
  • 心からおわび、大変申し訳なく思う-菅首相
  • 山田真貴子内閣広報官も総務省在職時に会食

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

総務省は22日、放送事業会社に勤める菅義偉首相の長男らと、幹部を含む計12人の職員が国家公務員倫理規程に違反する疑いがある会食を行ったと明らかにした。国会に報告された調査結果を、立憲民主党の奥野総一郎氏らが衆院予算委員会で説明した。

  菅首相は長男が関係した会食で公務員が法令に違反する行為をすることになり、「心からおわびを申し上げ、大変申し訳なく思う」と述べた。長男との関係について「会社の話は一切していなかった。報告も受けていなかった」と説明した。

  処分について武田良太総務相は人事院の国家公務員倫理審査会による指導を受けながら「適切に対処していきたい」と語った。原邦彰官房長によると、首相長男は調査に対し、不適切な働き掛けや行政をゆがめる行為は行っていないと回答した。

  立憲民主の奥野氏は、総務省出身の山田真貴子内閣広報官も在職中に首相長男らと会食していたとの報告があったとも述べた。

(第3段落に衆院予算委の内容を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE