, コンテンツにスキップする
Photographer: GREG BAKER/AFP
cojp

日本の12社、ウイグル弾圧企業との取引停止へ-報道

更新日時
This photo taken on May 31, 2019 shows Chinese flags on a road leading to a facility believed to be a re-education camp where mostly Muslim ethnic minorities are detained, on the outskirts of Hotan in China's northwestern Xinjiang region. - As many as one million ethnic Uighurs and other mostly Muslim minorities are believed to be held in a network of internment camps in Xinjiang, but China has not given any figures and describes the facilities as "vocational education centres" aimed at steering people away from extremism. (Photo by GREG BAKER / AFP) / TO GO WITH AFP STORY CHINA-XINJIANG-MEDIA-RIGHTS-PRESS,FOCUS BY EVA XIAO (Photo credit should read GREG BAKER/AFP via Getty Images)
Photographer: GREG BAKER/AFP

日本の主要小売り・製造業12社が、中国の新疆ウイグル自治区などでの少数民族ウイグル族に対する強制労働への関与が確認された中国企業との取引を停止する方針を固めたと共同通信が21日夜報じた。

  • 同12社には衣料品チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやソニー、日立製作所などが含まれる。詳細の全容は明らかにされていない
  • 米英両国が綿製品などの輸入規制に相次いで踏み切り、日本企業も対応を迫られていた
  • サプライチェーンで新疆関連企業とつながる日本企業に取引自制の動きが広がる可能性がある
  • オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)が昨年公表した報告書でウイグル人の強制労働に関与した疑いがあると指摘された日本企業14社に対し共同通信は問い合わせを行った
  • 「無印良品」ブランドを展開する良品計画は、米政府が禁輸対象とする中国企業ないしはこれら企業の親会社と取引があると判明した日本企業3社のうちの1社
  • 良品計画は「新疆綿」を商品名の一部に使用した商品を同社のウェブサイト上で販売していたが、これらは共同の調査後に削除された
(共同通信の英文記事の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE