, コンテンツにスキップする

iPhone製造の台湾フォックスコン、EV生産を支援へ-年内に車両発表

  • 鴻海製プラットフォームを搭載した2種類のEV、発表は10-12月期
  • フォックスコンと浙江吉利のJV、ファラデーとEVで協力を交渉中

米アップルの「iPhone(アイフォーン)」生産を請け負う台湾のフォックスコンの新しい電気自動車(EV)プラットフォームを搭載した車両が年内に発表される見通しだ。自動車分野参入で大きな前進となる。

  フォックスコンの主力部門である鴻海精密工業の劉揚偉会長は20日に台北郊外にある本社で記者団に対し、同社製プラットフォームを使った2種類のライトビークルが10-12月(第4四半期)に発表されることを明らかにした。同時期に電気バスの投入も支援する可能性があると付け加えた。

Hon Hai Chairman Liu Young-Way Attends Third-Quarter Earnings News Conference

劉揚偉会長

  アップルなどテクノロジー企業は自動車分野への参入を目指しており、鴻海は昨年10月、同社初のEV用シャシーとソフトウエア・プラットフォームを発表していた。

  フォックスコンは先月、中国の自動車メーカー、浙江吉利控股集団と合弁事業(JV)を設立した。劉氏によると、同JVは現在、スタートアップ企業のファラデー・フューチャーなどとEV分野での協力について交渉中。

  フォックスコンは自動車ベンチャー関連売り上げが今年伸びると見込むものの、EV関連事業によるグループ全体の売上高への有意な貢献は2023年以降になる見通しだと劉氏は述べた。

原題:
IPhone Maker Foxconn to Help Launch Electric Cars This Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE