, コンテンツにスキップする

コロナワクチン副反応情報は速やかに公表、効果しっかり説明-河野氏

河野太郎行政改革担当相は21日午前、新型コロナウイルスのワクチン接種に伴う副反応について、「情報が上がれば速やかに公表して、お知らせしていきたい」と述べた。NHKの討論番組で語った。

Residents Receive Covid-19 Vaccinations At Coors Field

米ファイザーのワクチン

Photographer: Chet Strange/Bloomberg

  河野氏は番組内で、「米ファイザー社のワクチンだと100万回打つと5回くらい重篤な症状が出ることが分かっている」と指摘。万一、症状が起きたとしても「迅速に対応する態勢の下で打っていただく」として、「リスクはあるが、ワクチンを打つことによって得られる効果のほうが大きいということを国としてはしっかり説明していく」と述べた。

  ファイザー社からのワクチン供給については、できるだけ4月に供給を増やしてほしいと交渉しているという。ただ、同社の増産体制が整うのが5月になりそうだとして、「4月まではワクチンの供給量は限られてくると思う」との見通しを示した。

  4月中に予定している高齢者向け接種の開始については、割り当てるワクチンが非常に限られることから、「当初はゆっくりと立ち上げていきたい」とした。

  政府は17日から4万人の医療従事者を対象にワクチン接種を開始。20日には首相官邸のツイッターを通じ、富山労災病院で副反応の疑いのあるじんましんが19日に発生したとの報告があったと公表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE