, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】バイデン氏がワクチンで前政権非難-G7財政支援継続

  • バイデン大統領、ワクチンを十分確保しなかったとトランプ氏を批判
  • ファイザーCEOは米国内の生産能力を一段と活用し、増産する方針

バイデン米大統領は19日、米ファイザーのミシガン工場を視察し、新型コロナウイルスワクチンを十分確保しなかったとしてトランプ前大統領を非難した。

  バイデン氏はワクチンが安全だと米国民を安心させようと努めるとともに、供給や接種会場を増やす取り組みを説明。1兆9000億ドル(約200兆円)規模の追加経済対策案への支持も呼び掛けた。

バイデン氏、ワクチン確保怠ったと前政権を非難-ファイザー工場視察

  ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は19日、ドイツのビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの増産に向けて同社の生産能力を一段と活用し、新たなサプライヤーとも協力する考えを示した。

ファイザー、新型コロナワクチン増産へ-米国内向け出荷拡大目指す

  米国では、大雪や寒波の影響で新型コロナワクチン輸送が3日間遅れたことにより、600万回分の接種が滞ったと、ホワイトハウスが明らかにした。

  先進7カ国(G7)首脳は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による打撃からの経済回復支援のため、政府支出を継続するとの決意を表明した。

G7首脳、経済への財政支援継続を表明-東京五輪開催の決意支持

  オーストラリアのモリソン首相は20日、フェイスブックへの投稿で新型コロナワクチンの接種を22日から始めると発表した。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億1070万人を超え、死者数は240万人を上回った。ワクチン接種は全世界で1億9900万回を超えた。

原題:
Mexico Gets China Jab; G-7 Pledges Recovery Funds: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE