, コンテンツにスキップする

ワクチン副反応の疑い、富山労災病院でじんましん発生-首相官邸

新型コロナウイルスのワクチン接種を開始した富山労災病院で副反応の疑いのあるじんましんが19日発生したと報告があった。首相官邸が20日昼にツイッターを通じて公表した。

  厚生労働省は引き続き副反応の疑いがある事例の収集に努めると首相官邸がツイッターで説明した。接種後15分以上は接種会場において様子を見るなどの安全対策の周知に努める方針も示した。

  政府は17日から4万人の医療従事者を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を開始した。首相官邸によると、19日17時時点でのワクチン総接種回数は5039回。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE