, コンテンツにスキップする

サマーズ氏、米金融当局は来年にも利上げを強いられる可能性ある

米金融当局は市場が見込むよりも早く利上げ圧力にさらされる公算が大きく、その時期は恐らく来年だと、元米財務長官のローレンス・サマーズ氏が警告した。

  サマーズ氏は19日放送予定のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、景気の過熱と物価上昇で米金融当局は行動せざるを得なくなる可能性があると語った。

  少な過ぎる財政支援のリスクを指摘し、近い将来の引き締め意図がないことを言明している米金融当局者は「これから向かう時代が分かっていない」とサマーズ氏は主張。インフレ抑制に失敗した、1970年代と同じ問題に間もなく向き合うことになるだろうと述べた。

  さらに「米金融当局は失敗したくないのなら、こうした問題の現実を認識し始める必要があるだろう」と指摘し、「そうであれば、当局者の言い回しに大きな変化が表れるはずだ」と続けた。

関連記事:米追加経済対策に景気過熱リスク、サマーズ氏らエコノミスト懸念 (1)

原題:
Summers Says Fed May Be Forced to Raise Interest Rates Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE